大きな買い物を決断できない私

私は高校を卒業して平凡な会社員になりました。実家から通勤していて、これといって大きな買い物をすることなくほぼ貯金していました。ある日ポストに私宛のクーポン券が届きました。それはTBCの1万円クーポン券でした。それから脱毛に興味がわきはじめました。今まで女磨きもろくにせず、可愛い服も髪もしたことがない私にとって、そのクーポン券は一万円以上の価値があるように感じました。これをきっかけに脱毛すれば、ファッションやトレンドに敏感になって女の子らしくなるのではないか、彼氏が出来るのではないかと夢は膨らみました。

さっそくTBCに行って脱毛体験してみると、少し熱くチクッとされるだけで、とても簡単でした。痛みをあまり感じない体質だったのかもしれませんが、ただ横になっていれば良いので脱毛って簡単なんだと思いました。ちょこちょこ話しかけてくるスタッフの方が嫌でしたが、目をつむって寝たふりをすればなんてことありませんでした。

そのあとがTBCの恐ろしさだったのです。勧誘が半端ではないほどにドンドン進めてくるのにびっくりしました。『あー、ゆっくりあ家で考えてみます』と曖昧な返事をしただけではなかなか帰してくれませんでした。クーポン券の一万円なんて本当に小さな金額に感じました。次から次に脇も足も腕もとプランを持ってきては凄い金額になりました。今このプランに入ればフェイシャルエステもグッズもクリームも無料でついてきます、と言われましたが、その前にそれ相当の金額が払えるかどうかです。結局金額の大きさにびびってきっぱり断って帰りましたが、夢見た自分にはなかなかなれそうにありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA